メンバー紹介 | プロデューサー

人をまとめ、人を支える。
プロデューサーって
実は裏方業。

PA事業部 
プロデューサー | 2013年中途入社

M .K

1日のスケジュールを見る

物作りにこだわる。

幼稚園ときにゲームとの出会いを果たしてから、ずっとものづくりに興味を持っていました。新卒で就職活動をしていたときも、クリエイティブな仕事ができる会社だけに業種を絞っていました。しかし、実際ものづくりの現場に入ってみると、スケジュールや予算などといった、制約の中でゲームを制作していくので思っていたよりも大変な仕事だと感じました。しかし、それらを守りながらゲームを作ってこそプロの制作者なんだなと。ゲームを見る目が変わりましたね。いまでは、ゲームをやっても演出とか効果とか、どうしても作り手の目線になってしまい普通に楽しめないので…それがちょっとした悩みですね(笑)。

新卒で最初に入ったのはモバイル向けゲームコンテンツの制作会社でした。いまは麻雀やガンダムのゲームを制作していますが、当時は女性向けの恋愛ゲームを作っていました。初めはシナリオの企画を提出しても、女心が分かっていないとよく上司に言われました。「これじゃ胸キュンしない!」って(笑)。それが理由というわけではないのですが、女性向け以外のジャンルに挑戦したいと思ったのが転職のきっかけです。当時の企画や運営をさせてもらっていたので、そのスキルを活かしてものづくりの次のステップに進みたいと考えました。

大切なのは
人とのコミュニケーション能力。

プロデューサーは華々しく表立ってゲーム開発の現場を仕切っているようなイメージを持っている人も多いかもしれません。でも実は、意外と裏方の仕事が多い仕事です。部活のマネージャーという感じでしょうか。僕がいる部署は外部の企業と一緒にコンテンツを作っているため、パートナー企業を探したり、企業との契約条件の調整をしたりするところからスタートします。これがなかなか大変で、ゲームを作る前の下準備というのはとても時間がかかります。しかし、様々な苦労もありますが、難しい条件下で合意に至ったときのうれしさは格別ですね。

実際に作り始める段階になったら、開発チームの仲間が動きやすいように準備をします。スケジュール管理や予算管理、大まかな方向性の調整です。ここからは、常に仲間の意見を幅広く集めて、まとめる力が求められます。僕自身が重要視しているのは、とりあえず「何でも言っていいよ」という雰囲気づくり。できないことは「できない」と言ってもらって構わないし、何か疑問があればなるべく早く解決するようにしています。開発チームには色んな人がいますので、そんな立場の違う人たちの意見や価値観を否定せず、尊重した上で調整しなければなりません。必要なのは協調性と、対人コミュニケーション能力ですね。もしプロデューサー業に興味があるなら何かの能力に特化するよりも、人づきあいを忘れずに、コミュニケーション能力を磨いてほしいです。

僕は学生のときに、スーパーの野菜売り場でバイトをしていました。同じアルバイトには同世代の大学生もいれば、親世代のパートタイムの方や年配方もいました。そこで年齢や立場の違う人たちにあわせたコミュニケーションの取り方を学びました。パートのおばさんの愚痴をちゃんと聞いてあげたらお菓子をもらえたりして(笑)。バイトやパート同士のコミュニケーションがうまくいって、みんなが気持ちよく働けるようになれば、環境自体もよくなるということを学びました。プロデューサーを目指す方で、もしいまアルバイトをしていて、バイト仲間が同世代しかいないなら、店長だとか少し立場の違う人たちと積極的にコミュニケーションをとることで、いろいろな価値観を得るチャンスになると思います。

09:00 始業
早めに出社し、メールチェックや前日の売上確認を行います。何かトラブルが起きていないかも、午前中にチェックします。
12:30 ランチ
社食が充実しているので、よくメンバーと行きます。
14:00 取引先との交渉
外部の会社との定例会議や、打ち合わせに行きます。
19:00 終業 終業
会社の人と飲みに行くこともあります。帰宅後は、ゲームをしたり、趣味のバイオリン(アイリッシュフィドル)を楽しんだりして、就寝。
CLOSE

9:00 始業
前日の動きの確認、進捗状況確認に時間がかかります。
12:30 ランチ
社食が充実しているので、よくメンバーと行きます。
14:00 打ち合わせ
開発会社の方々やプロモーション担当など、いろんな方々と打ち合わせをします。版権物を扱っている場合は、作品の権利を持っている会社さんへの説明の書類を作成します。
21:00 終業
ゲームに何かトラブルがあったときは帰れませんが、何もなければ21時過ぎに撤収。自分から誰かを誘って飲みに行くことが多いです。
CLOSE

PAGE TOP