MEMBER 社員紹介
取締役CHRO/経営企画部ゼネラルマネージャー 品川 淳司

遠慮はいらない。
ポジティブに考え、
行動し自分らしさを発信して。

入社後のキャリアキャリアのスタートはアミューズメント施設。
バンダイナムコオンラインでは
立ち上げからバックオフィスを支えてきた。

取締役CHRO/経営企画部ゼネラルマネージャー 品川 淳司

子供の頃にゲームセンターやファミコンで触れた数あるゲームの中でも、ナムコのものは他と一線を画していて、“ゲームとしておもしろい”のに加えて、デザインにしろ音楽にしろ“スタイリッシュでカッコ良い”と感じたのを覚えています。

就職活動の際は業種を限定せずに幅広く検討したんですが、幼少期のいわば「憧れ」的な気持ちもあって、“ゲーム業界”というより“ナムコを受けた”というのが的を射ているように思います。

1996年、新卒でナムコに入社したところからキャリアをスタート。1年目は兵庫県姫路市のアミューズメント施設スタッフとして配属され、2年目には同地区で店長を2店舗歴任。3年目以降は、店舗企画・店舗開発業務を中心に、エリアの店舗支援業務なども担当し、その後、店舗企画職として東京へ。

グループ会社に出向しての経営支援業務やバンダイとの経営統合におけるナムコ側事務局など、様々な得難い経験をしてきました。

2006年バンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)設立時の社長室(経営企画部)へ配属。2009年10月のバンダイナムコオンラインの立ち上げ時には設立実務に携わりました。設立と同時に経営企画部(バックオフィス部門)マネージャーとして出向、半年後にゼネラルマネージャーに。2012年に転籍した後も継続してバックオフィスの責任者を務め、2015年に取締役に就任しました。

現在は、バンダイナムコオンラインのバックオフィス業務全般(経営企画、人事、経理、総務、法務、広報・・・)を統括しています。

バンダイナムコオンラインの特長バンダイナムコグループでも
独自の色と強みを持つ存在。

バンダイナムコオンラインはPC・スマホ向けのオンラインゲームを企画から開発、運営までトータルで手がけています。これはグループ他社にはない特徴であり、独自のポジションを築いていると言えます。

また、当社が手掛ける『機動戦士ガンダムオンライン』はシュータージャンルの国産PCオンラインゲームとして実績やノウハウを持つ数少ないタイトルですし、スマホ向けゲーム『アイドリッシュセブン』はその世界観やキャラクターの人気からアニメ化、ライブなどに展開され、オリジナルIP(※注)として成長しているなど、他社にはない強みを持っています。

職場としては、キャリアや社歴に関係なく、きちんと意見が言える環境が魅力です。私はずっとバンダイナムコグループにいたので、あまり意識していなかったのですが、他社から入社してきた中途採用の社員たちの多くが、当社の魅力として挙げてくれています。純粋にゲームが好きで、面白いゲームを作りたい、遊んでもらいたいという想いを持ったメンバーが集まっているからこそ、意見をぶつけ合えるんだと思っています。

※注:IP=Intellectual property:キャラクターなどの知的財産

求める人物像素直、実直、ちょっと頑固、
そして他人の気持ちを想像できる人。

取締役CHRO/経営企画部ゼネラルマネージャー 品川 淳司

まずは何より「ゲームが好きである」ことがベースですが、それに加えて、「自分がゲームで受けた感動をほかの多くの人に感じてもらいたい」とか、「自分が作り手になってゲームの面白さを伝えたい」といった想いを持っている人がいいなと思います。

人柄としては、「素直」で「実直」、「ちょっと頑固」、そして「他人の気持ちを想像できる人」がいいですね。

素直で実直な人は自身の経験や仲間の助言からより多くを学ぶことができ、年齢問わず常に成長できると思います。その一方で、モノづくりをする以上は「信念」や「軸」みたいなものは持っていてほしくて、そこに対しては多少頑固なくらいでもいいと思います。

また、人の気持ちを想像できることや相手の立場に立って物事を考えられることも重要だと思っています。それはもちろん「お客様の気持ちを理解する」という意味でもありますが、ゲームの開発・運営はチームで行うものですので、「人の気持ちを思いやる」ことは、どんな仕事や職種においても必ず活きてきます。

活躍できる人材とは考えをポジティブに発信し、
周りからのフィードバックをしっかり糧にできる人。

主体的に行動し、自分の考えをポジティブに発信できる人は、チームにいい影響をもたらしますし、そうすることで周りからも良いフィードバックを得ることができ、それを糧に成長できる・・・という正のスパイラルを生み出すことができると思います。本当にチームのためになるのに遠慮して発信しないよりは、少々間違ってもいいから積極的に発信し、そのフィードバックを得る方が当社には向いています。

これは、新卒入社であろうが中途入社であろうが、若かろうがベテランだろうが同様に言えることなのですが、新たに入社される(特に中途入社の)方には「バンダイナムコオンラインになかったもの」をその人の経験やスキルを通じて持ち込んでほしいと思っていますので、入社したらどんどん自分らしさをアピールしてほしいと思います。

それでちょっと間違えたり、1度や2度失敗したりしたからと言って、その後の道を閉ざされるという社風ではありません。そこから何かを学び、そこから得たものを次の機会に還元してくれればいい。

変化が早く、成功への定石・王道がない時代だからこそ、多様性が大事だと思っています。様々な考え、様々なスキル、様々な経験を求めているので、国籍や学歴はもちろん問いません。

私たちは、チャレンジして失敗し、その中から得たものを伸ばしながら、基盤を作ってきました。今度はあなたの力で、「新しいバンダイナムコオンライン」を創ってください!

プロフィール

取締役CHRO/経営企画部ゼネラルマネージャー
品川 淳司

取締役CHRO/経営企画部ゼネラルマネージャー 品川 淳司

1996年 株式会社ナムコに入社、関西地区のアミューズメント施設スタッフからキャリアをスタート。2年目に店長を、3年目からは店舗企画・開発やエリア店舗支援業務などを経験。2002年に東京に異動し、グループ会社に出向しての経営支援業務、バンダイとの経営統合事務局などを経験。2009年10月バンダイナムコオンラインの立ち上げと同時にバックオフィス部門(経営企画部)の責任者として出向(その後転籍)。2015年から取締役。
趣味はサッカー、フットサルと(ほぼ)年1回の海外旅行。

PAGE TOP