メンバー紹介 | ネットワークゲーム
開発プログラマ

問題解決をするのが
プログラマー。
大切なのは、幅広く、
深く知識を身につけること。

技術部 
ネットワークゲーム開発プログラマ | 2011年中途入社

T .D

1日のスケジュールを見る

プログラミングは、すべて独学。

実は、誰かにプログラミングを習ったことはありませんでした。すべて独学だったんです。プログラミングとの出合いは小学生の頃にさかのぼります。父がコンピューターの仕事をしていたことがきっかけでした。職場に連れて行ってもらったことがあり、プログラミングという世界に魅了されました。

BASICに触れたのをきっかけに、C言語やJavaも独学で学びました。大学の頃から本格的に勉強を始めたのですが、大学の学科自体はプログラミングに関する情報系の学科ではありませんでした。ゲーム業界で働きたいと考えていましたが「独学で得た知識が、プロの現場で通用するのか?」という不安を抱いていました。当時はその不安から、本格的にプログラマーの道を目指すことに尻込みしていましたね。

初めてゲーム業界に足を踏み入れたのは、大学生の頃。偶然縁あって、知人の紹介という形でプログラマーとして仕事を始めました。そこでオンラインゲームを作る上で必要な業務全般を経験しました。それから何社か転職を繰り返して、今のバンダイナムコオンラインに入社しました。

僕は「独学で身につけた知識が通用するのか」という不安を抱えたままこの道に足を踏み入れたわけですが、入ってみれば大きな問題とはなりませんでした。学生時代から実践的なテクニックを習って身につける人もいれば、僕のように業界に入ってから学ぶ人もいます。ゲーム開発に必要となる知識は、実際に作ることで経験から得ることも大切だと感じます。いまの時代、ゲーム会社にいなくてもゲーム制作を独学で学ぶこともできます。プログラマーを志望していて、かつ当時の僕のように尻込みをしている人がいたら、思い切って飛び込んできてみては、と思います。

プログラミングばかりしていても
幅は広がらない。

プログラマーというと、一人で黙々と作業をするイメージを持たれるかもしれませんですが、思った以上に仲間同士の連携が必要なことが多い仕事です。プログラマーにとって最も頭を悩ませるのはバグ。このバグというものは、特にオンラインゲームだと、原因を見つけるのが本当に大変です。仲間と協力し合い、何度も検証して調査を行います。共に力を合わせて取り組み、そのバグが解決したとき、仲間との一体感と達成感を強く感じますね。プログラマーにとって他の人と連携したり、ときには誰かを頼って相談したりすることも大切な要素なんです。

ゲーム作りには仕様書というものがあり、基本的にはそれに従ってプログラムを書いていきます。細かい部分は書かれていないこともあり、ある程度は作業者のセンスに委ねられるところもあります。例えば、もっと気持ちよく動かせるようにとか、操作の組み合わせで起きる挙動に対してどうあると良いか、とか。目立たない細かい部分の仕様が、ゲーム自体の面白さや遊びやすさにつながることも多々あります。そこにプログラマーの個性が出るのは面白いですね。そんな一つ一つの細かなアイデアも、人と交流してインスピレーションを受けることで浮かんでくるようになります。

プログラマーとして大事なのは、「まあいいか」と妥協しないことでしょうか。ほかには、プログラミングの勉強ももちろん必要ですが、趣味を楽しんだり、日々いろんな人と交流したりして、知識の幅を広げること、自分の考えていることをきちんと伝えることも忘れないでほしいと思います。

10:30 始業
プログラムを書きます。
11:30 朝会
昨日実施したタスクの報告と今日やるタスクを確認。進捗に問題がないかをメンバーで確認するミーティングを行います。そのあとはまた、プログラムを書きます。
13:00 ランチ
ランチはいろいろメンバーと外に食べにいくことが多いです。コンビニの軽食を食べながらデスクで済ませることもあります。
14:00 プログラミング
ひたすらプログラムを書きます。
15:00~16:00 レビュー会
週1回、その週に皆がやったことを評価し合う会があります。
19:30 終業
外食することも、家へ帰って食べることもあります。ゲームをしたり、映画を観たり。同じプロジェクトのメンバーとオンラインゲームをしながら明日の打ち合わせをすることも。
CLOSE

10:30 始業
プログラムを書きます。
11:30 朝会
昨日実施したタスクの報告と今日やるタスクを確認。進捗に問題がないかをメンバーで確認するミーティングを行います。そのあとはまた、プログラムを書きます。繁忙期はランチに出かけないことが多く、誰かに何かを買ってきてもらうこともあります。
23:00 終業 終業
どんなに遅くなっても、リフレッシュのためにもゲームは必ずやります。オンラインで他のメンバーとゲームをすることもあります。
CLOSE

PAGE TOP